嘉年ハイランド_稲刈り縮小

​「大切な人にこそ食べてほしい」

そう思えるお米を作っています。

嘉年ハイランドについて

その1

~湧き出る清水~

嘉年地域は、平安時代に御領にもなった水出の泉(みずいでのいずみ)をはじめ、湧水が豊富な地域です。水は米作りの要。山で育まれた清水が、嘉年のお米「阿武川源流米」の美味しさの源です。

湧き水2
放牧・牛アップ

その2

~認定エコファーマー~

嘉年ハイランドは、化学肥料や農薬を削減する取り組みを行っており、山口県のエコファーマーにも認定されています。

その3

~お米に最適な気候~

山間の嘉年地域は、標高も350~400mと高く、冷涼な気候です。山口県にありながら、冬には日常的に積雪し、スキーも楽しめる地域です。暑すぎる気候は稲の成長に良くない影響があります。高い品質のためには、お米にとって良い気候であることが欠かせません。

雪の風景2
稲穂アップ2

その4

~大きな寒暖差~

お米の甘みや粘りの元となるデンプン。夜間の気温が高いと、稲の呼吸が活発になり、昼間に光合成で蓄えたデンプンを消費してしまいます。嘉年地域は夜間に気温が大きく低下し、お米が旨味を閉じ込めておける気候です。